読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お砂糖ひとさじで

書きたいことを少しずつ

「なんで文一くんじゃなくて濵田だったのかなあ。」

ジャニーズ ジャニーズWEST

 

 

ジャニーズWESTの公式サイトにおけるバイオグラフィから、「Johnny's CountDown 2013-2014 ウマれる新たな伝説 ジャニーズ年越し生放送」が消えた。

これにどういう意味合いがあるのかは定かではないけど、該当担のわたしは「過去は振り返らず前を向いて進む」と受け取った。

 

だからわたしは過去に言われて引きずったことをここに吐き出し、彼らと共に前を向いて応援しようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんで文一くんじゃなくて濵田だったのかなあ、って。」

 

2014年の晩夏、当時は浜中文一くん担当だった友人にご飯を食べながらこんなことを言われた。1字1句間違えずとはいかないけれど、意味合いとしては確実に、こういう意味のことを明確に、濵田くん担当のわたしに言ってきた。彼女はその後、「今はもう思ってないよ!」と付け加えていた。

 

ご存知の通り、ジャニーズWESTは4人でのデビュー発表だった。わたしの好きな人はその時まだジャニーズWESTではなかったのだ。それから1ヶ月間、彼らは挫折を味わいながらデビューという切符を手にした。(ここでもデビューの話題作りができてよかったねとか言われたこともあったがこの際気にせず)それまではいい。

 

上記の言葉をこの時に言われたならまだわかる。でも、重岡くん不在の「台風n Dreamer」の東京公演真っ最中に言われたのだ。割と今更だなという気持ちだった。彼女は「なにわ侍 ハローTOKYO!!」も見ていたはずだ。確かにあの舞台で濵田くん演じるプロデューサーがアイドルになるのには無理はあったが、実際の濵田くんはジャニーズWESTとしてデビューした。

 

この時わたしは悔しいことに「その七つの席のひとつに座るのが濵田くんである理由」を言えなかったのだ。今ならもういい!と言われるほど言える。でもそれは結果論だ。当時の濵田くんはひとりでのお仕事がまだなかった。流星くんは「アゲイン!!」でドラマの主演をしていたし、神山くんも同じく同作品に出ていた。だからその日の帰り道は人目も憚らず泣きながら帰ったし、友達にも愚痴ってしまった。

その時友達は「それでもわたしは濵田くんがジャニーズWESTに加入してくれてよかったと思う。今の立ち位置は文一くんではこなせない立ち位置だとわたしは思う。そして貴方から神山くんを勧めてもらって出逢うこともなかったのだから。」と。ほんの少しだけわたしは救われた気がした。

わたしは個人の仕事がなくても濵田くんが好きだ。たぶんそのすぐあとに「リトルトーキョーライブ」で漫画家さんのお宅にお邪魔して放送事故を起こしていたはずだ。それでも美味しいと思った。...ごめん、濵田くん。しかし今にして彼女の言葉の意味もわかる気がしている。しかしそれもタラレバの世界を脱することは出来ないと思う。

わたしにとって彼女のことも大切な友人だし、浜中文一くんのことも好きだ。だから今の文一くんのお仕事はすごいなあと思うし、見には行けないけど動向は気にしていたりする。

 だからこそ、彼女からそういう言葉が出てきたことがショックだった。わたしがジャニーズWESTが7人でデビューすることを喜んでいる傍らで、こんなことを思っている人が身近にいるとは思わなかったから。わたし自身デビューが決まって舞い上がってしまって気を遣うということが出来ていなかったのかもしれない。それを差し引いてもだ。なぜわたしに対してその言葉を言ったのか?どういう答えを求めていたのかは未だにわからない。

「そうだねじゃあ濵田くんと変わってください」なんて言えるわけなかった。濵田くんだって藁をも縋ったはず。「でもそれは他のJr.だって同じだ...」と気付くまでにはかなりの時間を要してしまった。

ことの終わりはわからない。あの言葉は今でも思い出して悲しくなる。これはきっとこの先オタクをやめる時まで痛み続ける傷だ。そんな気がする。

 

 

でも、ジャニーズWESTは魔のデビュー発表を乗り越えて、各個人で仕事を掴み、京セラドームでの単独公演を成功させた。彼らが進むならわたしも進まなければならない。

 

 

 

ということで、当時の気持ちを思い出しながら書きました。供養とさせていただく。

 

おそまつさんでした!

カリオストロ詐欺(再投)

ジャニーズWEST ジャニーズ

 

 

 

こんにちは、もあ氏です。

先日友人とのLINEにてなかなかのパワーワードが出てきたので、紹介させてください。

 

 

よくLINEで会話をしている友人との会話の流れで、「照史くんと結婚したい」「濱田くんと結婚したい」という言葉が頻繁に出てきます。

ジャニーズWESTさんを知る人たちは、上記のふたりがガチ恋枠だとなんとなくわかると思います。わかりますよね、めっちゃ結婚したいもん。

そこで先日は、ある言葉が続いたのです。

 

結婚詐欺師でもいいから。

 

わ、わかる〜〜〜!!すかさずレスが飛んできて、

 

きりはまの結婚詐欺は詐欺されても「幸せだったしいいか」てなるやつ

 

カリオストロ詐欺

 

カリオストロ詐欺wwwwwwwwwwwってなったんですが、間違ってはいなかった。

 

 

「あの人は何も盗んでは行かなかったわ」

(б∀б)金とお前の婚期奪っていってるけどな

 

 

それでも幸せにしてくれそうな照史くんと濱田くん。じわじわ来ますね。

 

カリオストロという言葉を知らない方のために説明すると、ルパン三世シリーズの中にカリオストロの城という作品があり、ヒロインのクラリスの心を華麗に奪っていったルパン三世、というオチ(ザックリしていますが)。

なんとルパン三世カリオストロの城、現在MX4Dで絶賛公開中だそうです。よろしかったらぜひ。

 

 

ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]

ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]

 

 

 

 

 

そひてカリオストロの城ですが、キャッチコピーが

 

さらにスピーディーに!さらにスリリングに!さらにスッとボケて!

 

なんだそうです。めっちゃ照史くんと濱田くんじゃねえか。スッとボケ...られるかな濱田くん...。

 

 

おそまつさんでした!

 

またひとつ歳をとったので

その他

 

 

 

こんにちは、もあ氏です。

昨日またひとつ歳をとりました。各方面からお祝いも頂き、本当にありがとうございました。

 

そして、その日を皮切りに各イベントの情報が出てきたわけです。

まずアイドルマスターシンデレラガールズの公演。星野源さんのアリーナツアー

 

行きたい。今年はジャニーズ以外の現場がとても楽しそうでワクワクしています。

なので、春先の現場行ってる場合じゃないなーと感じています。いろんな誘惑がある中で、この歳でやりたいことは現場の断捨離をしたいなと。

去年から少しずつ削ってはいたんですけど、その削った分で新しいことを開拓したくなりました。断捨離できてねえ。行ける行けないはともかくいろんな現場に行きたいのは本当なので、見かけたらかまってください(笑)。

 

それでは!

 

 

11月30日から温める必要の無いことを温めていたので今言う

 

 

おはようございます、もあ氏です。

はてブロアプリの下書き(ボツ)がどんどん溜まっていきます。

 

今回はアルバム「なうぇすと」に収録されているユニット曲「雪に願いを」について、思うところがあるので書きたいです。

 

今回わたしの個人的主観と、苦手な話なので、好きっていう感情はあんまりないです。

 

先に言います、濵田軍団が好きな人は読まない方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単刀直入に言いますと、わたしはこの曲が聴くことすらちょっと躊躇うくらい苦手です。

たぶん歌ってる人が濵田くんや小瀧くんじゃなかったら普通に聴いてたくらい、曲自体はすごく好きです。

 

なぜそう感じたのかアルバム発売からずっと考えて、もしかしたらスルメ曲かもしれないとiPodから流してはみたもののやはりダメで。

そしてわたしは忘れていた事実を思い出しました。

 

わたし、はまこた苦手じゃん

 

そう。そうなんです。組み合わせとしてまずはまこたが苦手。その理由をさらに掘り下げていくともはやよくわかりません。でも別に小瀧くんが嫌いとか苦手とか、ふたりの歌声が苦手とか、そういうことはありません。むしろめちゃくちゃ好きです。ではなぜ。

 

 

ここでこんな話があります。ライブツアーなうぇすとに行く際、先に横浜アリーナに入っていた友人からこんなことを聞きました。

 

小瀧くんが濵田軍団にこだわりすぎてて神ちゃんが可哀想だ

 

と。ニュアンス的にはこうだったと思います。

タイムラインでも何度か「濵田軍団2期生」だのなんだのとめんどくせえ女子みたいなことを見かけました。こ れ だ 。

 

わたし自身ジャニーズWESTさんのことは大好きですし絶対的信頼もありますが、唯一「濵田軍団」と称される意味のわからないカースト制度が苦手且つめんどくさいんだと最近気付きました。

例えば同じクラスにそういうカースト制度を設けてくる女子は死ぬほど嫌いだったし、関わりすら持ちたくなかったから余計かな...

 

だから何って話ですし、それを楽曲への好みに持ち込むのもわたしもどうかと思うのですが、「めんどくせえ女子」と化している小瀧くんは苦手なんだと。

 

でも、ジャニーズWESTさんを見る上で絶対に目に入るものであって(まして担当は濵田くん)、この先これが毒になるならしんどいなあ...って話。

 

はまこた支持する方は圧倒的に多いですが、そうじゃない該当担もいますよ、ってことで書いて残したかった。でも一つだけ言わせてくれ、ジャニーズWESTさんのことはとっても大好きなんだと。

 

おそまつさんでした。

ジャニーズWESTさんに、とある女の子達のシンデレラストーリーをプロデュースしてほしい話。

 

 

 

※今回の記事は2次元と3次元がごちゃまぜになっていますので、苦手な方はご注意ください※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



こんにちは、もあ氏です。
わたしのツイッターを見ている人はなんとなく知っているかもしれませんが、わたしは最近アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージにハマっています。
元々ソーシャルゲームが好きで、その根っこは学生時代にMMORPGにどハマリしたことから始まるのですが、それはまた今度。
そのソシャゲ好きがひどくなるあまり、某空の物語を始め、某空の物語アイドルマスターシンデレラガールズがコラボ!?本家のアプリも始めなきゃ!!と、本家モバマスまで始めてしまいました
そんなきっかけでアイドルマスターシンデレラガールズにハマったのですが、彼女達は個性のあふれる女の子達ばかりでとても魅力的です。TVシリーズも2期の途中まで見て、毎回号泣するほどでした。

そしてタイトルに戻るのですが、そうです。わたしの持論は「好きなもの×好きなもの=とっても楽しくて大好きなもの」です。それは次元をも超越していくのです。
わたしはジャニーズWESTさんも大好きですが、アイドルマスターシンデレラガールズも大好きなのです。それってつまり...ジャニーズWESTさんたちが女の子達のシンデレラストーリーをプロデュースしたら楽しいんじゃね?と気付いたのです。

諸々捏造してますが、気が向いたらデレマスに触れて欲しいな⁦‪(´>؂∂`)とも思います。

 

 

 

 

 




゚・*:.。.*.:*・゚.:*・゚* introduction
とあるプロダクションに勤務する7人。彼らはそれぞれ他部署で仕事に邁進していたが、ある日上層部から「アイドル部門新設するから☆うちの事務所所属のタレントをYOUの力量でアイドルに仕立ててね☆☆」という辞令が下った...。

中間淳太(29)
彼はバラエティ担当部署でした。仕事の腕はピカイチ。早くも役員になるのではないかと噂される彼は、辞令が下った時に思いました。
「...アイドル部門.....?俺の腕を試すって言うんやな.....!この事務所のトップ事業にしたるわ...見とけよ...!」と、誰にかもわからない怨恨で仕事を始めます。そんな彼が引き抜いたのは双葉杏。バラエティタレントとしては類を見ないキャラクター性で人気を博していました。
「えー、アイドル?杏働きたくないなあ。」
「杏、それはちゃうで。これは印税生活への第一歩や。」
「印税生活!?ほ、ほう...詳しく聞かせてもらおうか...。」
「ええか、トップアイドルになったら飴なんて沸いて出てくるで。」
「!!」
こうして、彼はアイドル部門の設立に携わることになりました...

f:id:x__magique:20170101161851p:image



桐山照史(27)
営業担当で街角スカウトをしていた彼は、その辞令を読んでまず「え、俺!?できるやろか...」と思いました。自信なさげな彼ですが、アイドルの才能、ポテンシャルを見抜く目は確かなものでした。着実に結果を出していた彼に上層部は、アイドル部門へと辞令を下しました。
そんな折、体調を崩してしまった彼は風邪をひいてしまい、病院へと向かいます。待合室でテレビを見ていたら、そこには弊社のタレントたち。
「.....アイドル...。」
ぼそりと隣に座っていた女子高生が呟き、その呟きは彼の耳にしっかりと届きました。
「きみ、アイドル好きなん?」
「...え、」
そこで出逢った彼女の名前は北条加蓮。彼女に輝きを見た彼はスカウトすることを決めて、名刺を渡しました...

f:id:x__magique:20170101161900j:image


☆ 濵田崇裕(28)
彼はプロダクションと業務提携している養成所を巡り原石を見つける営業担当。そんな彼にもアイドル部門への辞令が下りました。いろんな養成所を見て回っていた彼は、誰かひとり...と思いながら、一つの感情が心に引っかかります。
「俺の選択で、彼女達のアイドル生命を終わらせてしまうかもしれない...」
考え事をしながらも、ひとりの女の子に視線を奪われていました。そして、口にしました。
「...あの、アイドルになりませんか。」
その女の子の名前は島村卯月
「わ、私がですか?でも、」
「きっと、俺がトップアイドルにしてみせるから。」
彼女の輝きに魅せられた彼は、彼女と共にアイドル部門へ足を踏み入れました...

f:id:x__magique:20170101161907p:image

 

 

 

みたいなことを年末に考えてたんですがいつの間にか年越しちゃった⁦‪(´>؂∂`)てことで、供養するためにアップしました。弟組はごめん!考えてたのは、

 

重岡大毅 神崎蘭子

神山智洋 諸星きらり

藤井流星 橘ありす

小瀧望 新田美波

 

でした!気が向いたらそのうちね!

以上、おそまつさまでした_( _´ω`)_

ジャニーズWEST 1st ドーム LIVEを終えて。

ジャニーズ ジャニーズWEST

 

 

おつかれさまです!もあ氏です。

ドーム公演2日間、本当に楽しかったです。わたしの場合は23日に松竹座もあったので、実質現場は3日間でした。久しぶりの現場復帰が3日間連続はさすがにしんどかったです!

松竹座の話はまた後日として、今回は京セラドームについて書こうと思います。

 

 

 

わたし自身東京ドームは何度も足を運びこの辺からはこう見える、というのがなんとなく掴めています。が、京セラドームはなんと初めて(笑)でしたので、行き方も知らず周辺に何があるのかも全く知らない状況。一緒に入る友人は地元大阪なので、丸投げしていざ京セラドームへ!

 

 

感想を申し上げますと、「あれ...思ったより広くない...」でした。いや、悪い意味ではなくですよ!感覚的にすごく横アリや城ホな感覚。あ、あれ?こいつついに頭おかしくなった?とかそれいつもですから!

 

公演が始まってみても、その感覚は鈍ることなく「横アリ...」でした。深い意味もなにもなく、「思ったよりも近い...なあ」という。確かに大好きな濵田くんが真逆の外周にいた時は遠かったですけど、それでも近いと感じていました。席自体は三塁側のスタンド後方だったので、決して近い席ではありませんでした。それなのに遠いどころか近く感じたのは何故でしょう。

 

彼らが挨拶で言っていたように、遠くに行っちゃったとかそんな気持ちはわたし個人的には一切ないです。わたしがアイドルに求めるものは、「楽しく笑顔で仕事をする姿」です。その姿を真面目に見せてくれているジャニーズWESTさんだからこそ、遠くなったとかそういう感覚がないのかもしれません。

距離的な遠さ近さを感じるのは人間として当たり前ですが、心的には今回の京セラドームがいちばん近かった気がします。彼らも本気で楽しませてきてくれましたし、ファンもそれに応えるようにみんな全力で楽しんでいるのが目に見えたからでしょうか。

ちゃんとした理由はわかりませんが、遠いとか近いとかわたしは感じなくて、今回の公演がいちばんジャニーズWESTさんを近くに感じられたな、ということを書いて残したかった次第です。

 

一個人の話なので遠かったと感じた人もいるかもしれませんが、近くに感じた人もいました、ということで。

 

24日の夜に食べた天一のラーメンが泣きすぎて空っぽになった体にはとても沁みました。それでは!

 

f:id:x__magique:20161229081014j:image

 

 

デビュー組担当が考える「デビュー」について

ジャニーズ ジャニーズWEST

 

こんにちは、もあ氏です。

最近は星野源さんが好きだったり今更嵐さんにハマってみたり、いろんな界隈をうろうろしています。広く浅いオタクです。

 

それはさておき、超絶久しぶりにして2回目の更新の今回は、デビュー組担が考える「デビュー」についてです。

 

最近デビューって言葉をよく聞きます。今はJr.界隈がざわついているみたいですが、そもそもデビューとは?と思ったので、振り返りたいと思います。

 

 

1. デビューとは?

ジャニーズ事務所においてデビューとは「固定のメンバーでCD(DVD)をリリースする」ことです。(一部DVDデビューという異例のデビューをしたグループもありますが、省略します。)

そこから繋がりデビュー組に備わるオプションとして「ファンクラブ設立」「全国ツアー」、それに合わせての「メディア露出の激増」、などだと思います。

 

2. デビューはスタート地点

デビューは華々しいものと思いきや、CD、DVD、Blu-rayの売上に加え、雑誌の発行部数、コンサートや舞台の観客動員数など、ある程度の数字を求められるシビアな世界への第一歩だと言えます。

そして「この顔ぶれなら事務所に大きな利益をもたらしてくれる」と偉い人が確信して世に送り出してくれるものです。

 

3. 儲けを出せるアイドルと儲けを出せないアイドル

それでは、芽の出ない即ち数字の取れない(金にならない)アイドルはどうなるのでしょう?今や巨額のお金を動かすことの出来るアイドルすら解散報道が出るくらいなので、お金にならないアイドルはいつか見切りをつけられてしまうのではないでしょうか。

 

ここでわたしが応援しているジャニーズWESTの話を少しさせてください。彼らは、デビューまでに様々な紆余曲折がありました。それは彼らにとってもファンにとっても、とてつもなく高い最大の壁だった気がします。ですがその壁を打ち破ったことによって、「後から追加された3人」というカラを破り、前を向いて進むことができました。そして個人の仕事があればそこで学んだことを自分だけのものにせずに、グループに持ち帰ることができるようにしていると感じました。彼らにとってデビューはスタートラインでしかないからです。

ジャニーズからデビューしたアイドルは、一部を除いてほとんどが団体戦です。グループ以外の仕事でどれだけ顔と名前を覚えてもらうかが鍵だと思います。そこで獲得したファンを自分のグループのファンにできたら、きっと経済効果はとても大きいでしょう。

 

では逆に顔と名前を覚えてもらうことができなかったら。それでは事務所の損害になってしまう。ほんの少しの損害でも、あとから響きますよね。 コストパフォーマンスの悪いアイドルにはきっと仕事も来ませんし、最悪の場合戦力外通告だってされてしまうかもしれません。

 

アイドルグループにだって、莫大な維持費と人件費がかかるはずです。ホームページ管理やファンクラブ運営、レーベルとの契約(もあるかな?)、コンサート運営費とそのコンサートグッズのデザイナーさん。CD等をリリースするならもっと人が必要ですよね。挙げればきりがない、腐るほどあります。

 

4. デビューという慢心

これはどのデビュー組にもどのファンにも言えることですが、デビューしたから事務所が仕事を取ってきてくれる、なんて誰が決めたんでしょうか。事務所としては、いつまでも親鳥から餌をもらえる雛鳥では困ると思うんですよ。もしそう思っているアイドルないしファンがいるなら、それは慢心です

数字の取れないお金を稼げない人に資金を回してくれるほど社会は甘くありませんし、少し考えれば小学生でもわかることだと思います。やる気のないアイドルに仕事を回してくれるほど事務所は甘くありません。努力の手を抜いていてはどんどん抜かされていくばかりです。ウサギとカメのウサギです。ましてやる気のない人間に仕事を回すよりも、やる気に溢れた人間に仕事を回した方がいい結果が出ることもあまり考えずともわかるはずです。

ファンも「デビューしたから安心」だなんて思っていては足元を掬われてしまいます。1位だから大丈夫?笑わせないでください。1位でも売上が低ければ意味は無いと思いますよ。

 

5. どうすれば改心するのか

SNS時代である昨今、あなたのツイートひとつでCDがDVDがBlu-rayが売れるかもしれません。感想はネタバレだから、なんて知りもしない人への気遣いをして売上を落としていませんか?自分の言葉で感想を書いたら、それをきっかけにアイドルを好きになってくれる人がいるかもしれません。 

 

でもアイドル本人が頑張らなければ、ファンがお金を落とす環境も作れないですよね。 やはり本人に頑張ってもらうしかないのかもしれませんが、ファンは声を上げることが出来るのです。手紙を書く、アンケートに答える、SNSで発信するなど方法は様々です。自分のやりやすい方法で、自分の好きなアイドルのいいところを発信していきたいですね。

 

 6. 終わりに。

わたしはジャニーズWESTのファンなので彼らのことを持ち上げがちですが、それは彼らに売れて欲しいからです。また、彼らなら楽しませてくれるという出処のわからない確信があるからです。

 

この記事を書いたのは、最近デビューしたことが嬉しかった反面、今本当にそれでいいのか?と思ったことがあったからです(タイムラインを見ている方はわかるかもしれませんが)

 

 ありがとうございました。